紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の比較~ノンケミカル=紫外線吸収剤不使用

OKマークの女性

日焼け止めは「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」により、肌を紫外線から守っています。

紫外線吸収剤は、肌の上で紫外線を化学変化させて日焼けを防ぎます。紫外線吸収剤は肌の上で化学変化を起こすため、肌を刺激して肌に負担がかかります。日焼け止め商品でよく目にする「ノンケミカル」は「紫外線吸収剤 不使用」を意味します。

一方紫外線散乱剤は、物理的に紫外線を反射させて肌を日焼けから守ります。皮膚の上で化学変化をおこす紫外線吸収剤に比べて、肌に優しく、肌の負担になりません。

敏感肌の方や肌に優しい日焼け止めをお探しの方には、紫外線吸収剤不使用 ノンケミカルの日焼け止めがおすすめです。

紫外線吸収剤 項目 紫外線散乱剤
肌の上で紫外線を吸収し、化学変化を起して、熱や紫外線として放出する。 紫外線をブロックする
仕組み
紫外線を肌の上で反射させて、紫外線をブロックする
0.1%までの規制あり。 配合量の規制 なし
× 肌の上で化学変化を起こすので、肌を刺激することも。 肌への優しさ ○ かぶれなどは起こしにくいが、若干肌が乾燥しやすくなることも。
× 紫外線を吸収しつくすと、効果がなくなるのも。 時間の経過による
紫外線カット力の変化
○ 時間の経過による紫外カット力の低下はない。
オキシベンゾン
サリチノレ酸フェニル
メトキシケイヒ酸オクチル
シノキサート
パラアミノ安息香酸エステル
など
代表的な成分 酸化亜鉛
酸化チタン

こちらの記事もどうぞ。