UVパウダーの使い方 | メイクの上から日焼け止めの塗り直しできる!

OKマークの女性

日焼け止めパウダーやUVパウダーは、素肌に直接使ったり、メイクの上から使うなどの使い方ができます。一番の特長的な使い方は、メイクの上から日焼け止めの塗り直しができるところ。手を汚さずに塗り直しができるところもポイントが高いです。

ちなみに私は休日の日などは、日焼け止めパウダー/UVパウダーのみで過ごしています。苦手だった日焼け止めクリームの被膜感や圧迫感のあるつけ心地やベタつき、匂いから解放されました。

日焼け止めパウダー/UVパウダーを使うようになって、苦痛だった日焼け止めが本当に快適で手軽になりました。

スキンケア後の素肌に直接使う

一番シンプルな使い方は、スキンケアで整えたお肌にそのまま使う方法。パウダーだけでちゃんと日焼け止めできるの?という心配は不要です。日焼け止めパウダー/UVパウダーだけで、ちゃんと紫外線カットできます。詳しくは、こちら。» 【結論】UVパウダーだけで、日焼け止めの効果、あります。

パウダーが余分な皮脂を吸収するので、時間が経っても肌がベタつかず、サラサラ肌をキープできて、快適です。

パウダーだけだと肌が乾燥するという人もいますが、しばらくするとパウダーが肌にしっとりとなじんできます。しばらくしても肌に乾燥を感じる場合は、パウダーをつける前のスキンケアでしっかり保湿するといいと思います。私も乾燥肌よりですが、クリームなどを多少ベタつくくらい塗っても、その上からパウダーを重ねると、ちょうどいい感じのうるさら肌に仕上がります。または保湿成分が配合された日焼け止めパウダー/UVパウダーを使うといいと思います。

日焼け止め(UVミルクなど)の上から使う

レジャーや長時間外出するときは、UVミルクやUVクリームの上から日焼け止めパウダー/UVパウダーを使うのがおすすめです。

日焼け止め万全の女性

日焼け止めは2~3時間ごとに、こまめに塗り直したほうがいいといわれています。日焼け止めパウダー/UVパウダーなら手を汚さず、ささっと肌に乗せられるので、面倒な日焼け止めの塗り直しも、手軽に済ませることができます。

また、素肌に日焼け止めクリームだけだと、肌のベタつきやテカリが気になると思いますが、その上から日焼け止めパウダー/UVパウダーを使うと、肌がサラサラになるのでおすすめです。

外出先でも使いやすく、携帯にも便利なコンパクトタイプや、パフと容器が一体になったポンポンタイプの日焼け止めパウダー/UVパウダーが便利です。

メイクの上から使う

お化粧するときは、ファンデーションの上から日焼け止めパウダー/UVパウダーを使います。

メイクをしていると、日焼け止めの塗り直しは、実際のところ無理ですよね。でも日焼け止めパウダー/UVパウダーなら、お化粧の上から使えるので、何度でも日焼け止めの塗り直しができます。

また日焼け止めの塗り直しと同時に、お化粧直しもできるので手軽で便利です。

BBクリームの上から使う

BBクリームの上に日焼け止めパウダー/UVパウダーを重ねれば、BBクリームの崩れを防いで、お肌を更にきれいに見せる効果があります。ドクターシーラボ・エンリッチリフトUVパウダー50は、BBパウダーの上から使っていますという口コミの多い商品です。

メイクの上から日焼け止めの塗り直しできるのは、パウダーだからこそ

ポイントを説明する女性

他の日焼け止めにはない、日焼け止めパウダー/UVパウダーで一番優れたの使い方は、メイクの上から日焼け止めの塗り直しができるというところです。しかも手も汚れません。一般的に日焼け止めは、2~3時間おきに塗り直した方がいいといわれていますが、メイクをしていると日焼け止めミルクやクリームを塗り直すのは、実質的に無理ですよね…。メイクの上から使える日焼け止めは、パウダータイプだけです。

またパウダーが余分な皮脂を吸収して肌をサラサラにして化粧崩れを防ぐ効果もあり、化粧崩れ防止と化粧直しもできて優秀です。

日焼け止めパウダー、UVパウダー愛用歴6年の私がおすすめは、トゥヴェール ミネラルサンスクリーンです

こちらの記事もどうぞ。