【石鹸で落とせる or クレンジングが必要】UV 日焼け止めパウダー 徹底比較!

OKマークの女性

石鹸で落ちる日焼け止めパウダー UVパウダーとクレンジングが必要なパウダーを比較しました。

洗浄力の高いクレンジングは、肌に必要な潤いやバリア機能まで落としてしまったり、落ちにくい日焼け止めの場合、ごしごし洗いで肌に負担をかけてしまうことがあります。

敏感肌の方や、肌に優しい日焼け止めなら、石鹸で落とせる、クレンジング不要の日焼け止めがおすすめです。

石鹸で落とせる 項目 クレンジングが必要
不使用 合成ポリマーと
シリコン
使用
○ 肌に負担をかけず、優しい。 肌への優しさ △ クレンジングにより、肌のバリアをダメージを与えたり、肌の負担になることがある。
△ パウダーが余分な皮脂や汗を吸収するので、意外にも崩れにくい。ファンデの上から使うと、メイクの崩れを防ぐ効果も。 崩れやすさ ○ 合成ポリマーやシリコンが肌に膜を作って崩れにくく、持ちが良い。化粧直しの時間がとりにくい方、アウトドアや長時間の外出時には便利。
○ 合成ポリマーやシリコンが毛穴をふさがないので、非常に軽いつけ心地。 つけ心地 △ 合成ポリマーやシリコンが肌に密着。人によっては圧迫感や被膜感を感じることがある。

石鹸で落ちる 日焼け止めパウダー UVパウダーは、こんな人におすすめ!

石けんで落とせる 日焼け止めパウダー UVパウダーは、こんな方におすすめです。

  • ポイントを説明する女性メイクは軽め、ナチュラルが好み
  • メイク落としをサッと済ませたい。
  • 敏感肌の方。肌に負担をかけたくない。
  • ナチュラル、オーガニック志向の方
  • つけ心地は軽いほうがいい

こちらの記事もどうぞ。