石鹸で落ちる 日焼け止め | サッと落ちました!【実験済】

» 市販の「石鹸で落ちる」日焼け止め、落とし方を徹底調査。実は…の記事では、市販されている”石鹸で落ちる”日焼け止めが実は、そんなに簡単に落ちるものではないとわかりました。

しかも、どの商品も肌への刺激につながる紫外線吸収剤が使われていて、落としきれずに肌に残っていると思うと不安になります。またシリコンや合成ポリマーがたくさん入っていて、毛穴に残ったりしたら嫌だなと思いました。

石鹸で落ちる日焼け止めのイメージ

今回は私が使っている、本当に石鹸でサッとかる~く落ちて、ノンケミカルで肌に優しい日焼け止めを紹介したいと思います。

日焼け止めの落としにくさに不満がある人、肌に優しい日焼け止めを探している人必見です!

石鹸でさっと落とせる日焼け止めのタイプは?

日焼け止めには、クリーム、乳液、ジェル、スプレー、パウダーなどの形状があります。中でも石鹸で落しやすくて、肌に優しいのはパウダーです。

私は数年前コスメに詳しい友だちに教えてもらったのがきっかけで、日焼け止めパウダーを使い始めました。

友だちにパウダーの日焼け止めを教えてもらいました

私:「日焼け止めってさぁ、石鹸で落ちるって書いてあっても、石鹸じゃ全然落ちないよね~?っていうか、クレンジング使ってもピタって肌に膜を張ってるみたいに肌に密着してて、かなり肌の上でグルグルしないと落ちないんだけど・・・」

友:「だったら、パウダーの日焼け止めがいいよ~。石鹸でさっと落ちるし、メイクの上から使えるから、塗り直しも簡単だし。

ということで、さっそく友だちが教えてくれたトゥヴェールの日焼け止めパウダー「ミネラルサンスクリーン」を使い続けて、今も毎日使っています。

実験してみました。本当に、石鹸でちゃんと落ちる?

向かって右側に日焼け止めパウダーを塗りました。素肌との違いがはっきり分かるように、そして石鹸でちゃんと落ちたかが分かりやすいように、意図的にかなり厚めにしっかり塗り込んであるので普通に使ったらこんなに白くならないのでご安心ください(笑)

パウダーの日焼け止めを手の半分につけた写真

パウダーをつけた部分は、毛穴が目立たなくなって、肌のくすみがカバーされて明るさがアップしているのがわかります。肌のキメが整って、繊細な肌に仕上がるので気に入っています。

また肝心の日焼け止めとしての実力も非の打ちどころがありません。ノンケミカル、石鹸で落とせて肌にも優しいのに、【SPF50 PA++++】の高いUVカット力。軽いつけ心地なのにしっかり日焼け止めできます。

そしてよく泡立てた石鹸をのせて、肌の上でかる~くなじませてから、洗い流しました。

パウダーの日焼け止めを塗った手を石鹸で軽く洗っている写真

軽く肌の上で泡を転がせただけですが、本当にするりと落ちました!洗い上がりは、さっぱりしています。一般に市販されているケミカルの日焼け止めにありがちな肌に貼りつくような被膜感もありません。

パウダーの日焼け止めなら、石鹸で軽く落とせます

トゥヴェールの日焼け止めパウダー「ミネラルサンスクリーン」とは?

パウダータイプの日焼け止めは色々発売されていますが、私は友だちから教えてもらった、トゥヴェールの日焼け止めパウダー「ミネラルサンスクリーン」をずっと愛用しています。もう3、4年くらいになると思います。

トゥヴェール 日焼け止めパウダー ミネラルサンスクリーン

石鹸でさっと落とせるのはもちろん、肌に負担になる紫外線吸収剤不使用のノンケミカルで、【SPF50 PA++++】の実力。毛穴に残る心配のある、シリコンや合成ポリマーも不使用で安心です。さらにタルク不使用、酸化チタンはコーティング済とかなり優秀な日焼け止めです。

仕上がりも自然で、むしろこれを使うと肌のくすみがカバーされて、一段明るくなります。毛穴も目立たなくなるので、キレイに見えます。メイクの仕上げにファンデーションの上から使ったり、休日などはスキンケアのあと、素肌に直接使っています。

パウダーの日焼け止めの仕上がり

パウダーの日焼け止めは、メイクの上から使えるから、こまめに塗り直しができるところも便利です。日焼け止めは2~3時間ごとに塗りなおした方がいいっていうけど、メイクしてるときはどうしたらいいの?っていう以前のもやもやも、これで解決しました!

でも、パウダーの日焼け止めには弱点も…

パウダーの日焼け止めは、汗や水に弱い

はっきり言って、パウダーの日焼け止めは汗や水で落ちやすいです。プールや海や、汗をたくさんかくスポーツの時には向きません。

ビーチの写真

パウダーの日焼け止めは、水分に弱いです。だからこそ、石鹸だけでサッと落とせるともいえるわけなんですけど。だから私自身は、そんなにデメリットとしては感じていはいないんですよね。パウダーだからメイクの上から使えて、塗り直しがささっと簡単にできて、こまめな塗り直しが苦になりません。

むしろ私は、「落ちやすい日焼け止め=肌に優しい日焼け止め」と考えています。日焼け止めに限らず、ウォータープルーフとかばっちりメイクを落とす時って、洗浄力の強いクレンジングを使わなくちゃいけなくて、肌に負担がかかりますよね。

肌のことを考えたら、メイクも日焼け止めも落ちやすくてOK。落ちたら、またつければいいんだしって思うんです。パウダーの日焼け止めなら、メイクの上から何度でも塗り直しができますし。

パウダーの日焼け止めは、肌が乾燥する?

「肌がちょっと乾燥する…」するという口コミも見かけます。パウダーは皮脂を吸収する性質があるので、つけた直後は一瞬肌が乾燥するような感じがするかもしれません。私も乾燥肌なのですが、空気の乾燥する冬の時期は、つけた時は一瞬、少し肌が乾燥する感じがあります。でもしばらくすると、パウダーが皮脂となじんでくるので、乾燥が気になることはありません。

トゥヴェールのパウダーには、セラミドなど11種類の保湿成分が含まれています。パウダーの中でも乾燥しにくいパウダーだと思います。

逆にパウダーの日焼け止めは、肌のテカリやベタつきが気になる夏には最適です。一般的な日焼け止めは、肌のテカリやベタつきが気になりますが、パウダーが余分な皮脂を吸収して、サラサラ肌を長時間キープできるので快適です。

肌が乾燥しない、石鹸で落ちるオーガニック日焼け止め

でも、パウダーだとやっぱり乾燥するのが心配だという人には、HANAオーガニックの日焼け止め乳液 ウェアルーUVがおすすめです。私も使っていますが、石鹸で落せて、しっとりとしたつけ心地で肌が乾燥しません全成分の85%は美容液成分でできていると知って、納得しました。

HANAオーガニック 日焼け止め乳液 ウェアルーUV

ウェアルーUVは、ノンケミカルでオーガニックの日焼け止めです。全成分の98.5%がオーガニック成分でできていいます。つけた瞬間に感じる香りに癒される、伸びの良さと被膜感のない軽いつけ心地のオーガニックの日焼け止めです。

ウェアルーUVも実際に石鹸で落ちるか実験してみました。

オーガニックの日焼け止めを手の半分に塗った写真

向かって右側にウェアルーUVをふだんよりもたっぷり、しっかり塗り込みました。ウェアルーUVを塗ると、上品で自然な艶がでて、透明感のある明るい肌に仕上がります。

良く泡立てた石鹸でやさしく洗いました

よく泡立てた石鹸で、肌の上でやさしくなじませて洗いました。

洗い上がりはしっとりしています

左右の境目がわからなくなって、きれいに落ちているのがわかります。一般的なケミカルな日焼け止めにありがちな肌にぴったり貼りつくような被膜感はつけている時も、落とした後もありません

洗い上がりは、パウダーと比べてもしっとりしています。ウェアルーUVには、ツバキオイル、ビターオレンジオイル、ラベンダーオイル、ニオイテンジクアオイオイル、オニサルビアオイル、イランイラン花オイル、などオーガニックの植物オイルが豊富に配合されているからだと思います。

HANA オーガニック ウェアルーUV 全成分:
ダマスクバラ花水、スクワラン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、酸化チタン、プロパンジオール、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、ベヘニルアルコール、グリセリン、ミリスチン酸オクチルドテシル、(カプリル酸/カプリン酸)ヤシアルキル、水、酸化亜鉛、レウコノストック/ダイコン根発酵液、ポリヒドロキシステアリン酸、ホホバエステル、ツバキ油、コメ胚芽油、ノバラエキス、加水分解オクラ種子エキス、シャクヤク根エキス、加水分解ハトムギ種子、キュウリ果実エキス、ビターオレンジ花油、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、オニサルビア油、イランイラン花油、ビターオレンジ葉/枝油、ローズマリーエキス、サリックスニグラ樹皮エキス、オクチルドデカノール、ステアリン酸、キサンタンガム、デキストリン、アルミナ、エタノール、BG、マイカ、シリカ、酸化鉄、ラウロイルリシン、ステアロイルグルタミン酸2Na、水酸化Al

ただ人によっては、洗った後のしっとり感が、洗い落とせてないと感じるかもしれないな~…とも思います。さっぱりした洗い上がりが好みなら、トゥヴェールのパウダーの方がいいと思います。

石鹸で落せる日焼け止め、パウダーvsオーガニック 徹底比較

2タイプの石鹸で落ちる日焼け止め、パウダー(トゥヴェール ミネラルサンスクリーン)とオーガニック(HANAオーガニック ウェアルーUV)を項目ごとに比較してみました。

トゥヴェール
日焼け止めパウダー
Tout Vert トゥヴェール ミネラルサンスクリーン SPF50 PA++++
項目 HANAオーガニック
日焼け止め乳液
HANA オーガニック ウェアルーUV
【SPF50 PA++++】 SPF PA 【SPF30 PA++】
さっと軽く落ちる。
落としやすい
石鹸での落としやすさ 普通に落ちる
さっぱり 洗い上がり しっとり
さらさら うるおい
つけ心地
しっとり
マット 仕上がり ツヤ
・ノンケミカル
(紫外線吸収剤不使用)
・タルクフリー
・合成ポリマー不使用
・ノンシリコン
・ノンナノ ナノ粒子不使用
・酸化チタン コーティング済
・保湿成分 11種類
・ビタミンC誘導体
成分の特長 ・ノンケミカル
(紫外線吸収剤不使用)
・タルクフリー
・合成ポリマー不使用
・ノンシリコン
・ノンナノ ナノ粒子不使用
・酸化チタン コーティング済
・オーガニック成分 98.5%
・美容液成分 85%
・肌のテカリ、ベタつきが気になる方

・サラサラ肌を長時間保ちたい

・紫外線は強力にカットしたいけど、肌に負担をかけたくない

・メイクの上から使いたい
こんな方におすすめ ・肌の乾燥が気になる方

・オーガニックで肌に優しい日焼け止めをお探しの方
トゥヴェール ミネラルサンスクリーン 商品の詳細 HANA オーガニック ウェアルーUV

【まとめ】石鹸でサッと落とせる日焼け止め

パウダーとオーガニックの石鹸で落せる日焼け止めを実際に石鹸で落ちるのかを実験したり、項目ごとに比較してみました。

私はどちらの商品も使っていて、パウダーは、肌を休ませたい休日や、ささっとメイクを済ませたいとき使っています。簡単につけられて肌もキレイに見えるし、素肌のようなつけ心地で楽で、キレイに見えます。また、肌に優しいのもポイントが高いです。

今までの日焼け止めだとメイクの上から塗り直しできませんでしたが、パウダーならメイクの上から使えるのですごく便利です。

オーガニックの日焼け止めのウェアルーUVは、ファンデよりも自然に肌が明るくなってキレイに見えるので、ファンデのかわりに使ったりしています。個人的にマットな仕上がりの肌が好きなので、ウェアルーUVの上からトゥヴェールのパウダーを併用しています。

両方とも私の欠かせない日焼け止めアイテムですが、もし、どちらかひとつをおすすめするとしたら、やっぱりパウダーかな~と思います。でも、両方持っていて損はないと思います!

こちらの記事もどうぞ。