日焼け止めの【成分】、まとめました。

OKマークの女性

日焼け止めパウダー UVパウダーに使われている成分やノンケミカル、紫外線吸収剤などの用語などを解説しています。

日焼け止めパウダー
UVパウダー
肌を紫外線から守る、日焼け止め効果のあるフェイスパウダーのこと。UVミルク、UVクリームなどの一般的な日焼け止めはメイクの前に使うが、日焼け止めUVパウダーは、メイクの後や素肌に直接使う。医師や専門家のすすめる2~3時間ごとの塗り直しも簡単、手軽なのが特長。
酸化亜鉛 亜鉛を燃焼させて作られる透明感のある白色の粉末。主にPA値に関係する紫外線A波(シミやたるみを引き起こす)をカットする働きがある。皮膚に対しては、収斂作用(肌を引き締め、肌のキメを整える効果)と消炎作用(肌荒れを防ぎ、肌のトラブルを防ぐ)を持ち、医療の分野では古くから火傷や傷跡の治療に使われてきた。スキンケア効果の高い成分。酸化亜鉛は、多くの日焼け止めUVパウダーに含まれている。
酸化チタン 酸化チタンを微粉末にした、透明感のある紛体。主にSPF値に関係する紫外線B波(肌を赤くしてヒリヒリする日焼け)をお肌の上で反射させることでカットする効果がある。紫外線吸収剤に比べて、肌に優しい紫外線散乱剤。お肌にのせた時に不自然に白浮きしないのが特長。ただ若干お肌が乾燥しやすくなるので、夏場は良いですが、冬場や乾燥肌の方は、保湿を心がけるとよいでしょう。
ノンケミカル 日焼け止めの中で、「紫外線吸収剤」を含まないもの。日焼け止め成分としては、 「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があるが、「紫外線吸収剤」は肌の上で紫外線を化学変化を起こすことで日焼けを防止させるため、刺激が強く肌荒れを起こすことがあるので注意が必要。

一方「紫外線散乱剤」は、紫外線を肌の上で反射させることで日焼けを防止し、一般的に「紫外線吸収剤」に比べて肌に優しいといわれている。UVパウダーは、日焼け止め成分として酸化亜鉛や酸化チタンなどの「紫外線散乱剤」を使用しているものが多く、「紫外線吸収剤フリー」や「ノンケミカル」のものが多い。
紫外線吸収剤 日焼け止め成分で、肌の上で紫外線を化学変化させることで紫外線をブロックする。そのため、肌への刺激が強く肌荒れをおこすことがあるので、注意が必要。主に、赤くなってヒリヒリする日焼けを引き起こす、中波長紫外線(UVB)をブロックする。 紫外線吸収剤不使用の日焼け止めは、「ノンケミカル」や「紫外線吸収剤フリー」と表示される。紫外線吸収剤には、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、オキシベンゾン、ジイソプロピルケイヒ酸エチル、ジメチルPABAアミル、エチルPABA、メトキシケイヒオクチル、オクチドデカノール、ドロメトリゾールなどがある
紫外線散乱剤 日焼け止め成分で、肌の上で紫外線を反射させることにより紫外線をブロックする。生活紫外線といわれ、皮膚の置くまで届き老化を促す長波長紫外線(UVA)をブロックする働きが強い。肌の上で化学変化を起こして紫外線をブロックする紫外線吸収剤よりも、お肌に優しい。
マイカ 白雲母族のミネラル。表面がスベスベしていて肌への密着感があり、クリーミーで滑らかな感触がある。お肌にキラキラしたパールのような光沢とツヤと輝きを与える。
タルク 滑石という柔らかいミネラルを粉末化したもの。伸びやすく、さらっとした感触がある。ベビーパウダーやボディーパウダーにも利用されている。
酸化鉄 赤色・黄色・黒色の顔料として使われる
SPF 中波長の紫外線UVBを防御する力。UVBは肌の表面に作用し、日焼けを引き起こす。肌に何も塗らない状態で夏の紫外線を浴びると、20分で日焼けを引き起こすとされている。その時間をどれだけ伸ばせるかをSPFの値で表す。たとえばSPF30だと、20分×30=600分(10時間)ということになる。
PA 長波長の紫外線UVAを防御する力。UVAは肌深部の真皮層まで到達し、コラーゲンを破壊し、シワ・たるみなど肌の老化を促し生活紫外線とも言われている。「+」の3段階によって表される。
  • +: やや効果がある
  • ++: 効果がある
  • +++: 非常に効果がある
  • ++++: UVA防止効果が極めて高い
シリカ 無水ケイ酸。サラサラで滑りのよい感触。吸水性・吸油性があり、メイクの持ちを向上させる。また光散乱効果で毛穴を目立ちたせにくく、透明感のある素肌美を再現する。

こちらの記事もどうぞ。